自生してきたオオバコについて調べてみた 大葉子 生薬:車前子・車前草・車前葉

by keiko
24 views

君の名は?

ルバーブの区画に生えてきたこれ、いやぁ、私自分でびっくりするけれど、なぜか、見た瞬間、オオバコ、とわかった。そんなん覚えたつもりもないけれど、小さい頃の記憶力なのか?(笑)

ま、一般的な雑草とされるけれど、これも漢方になるんじゃないかと思って調べてみた。

ヒットしたのは熊本大学薬学部 薬草園の植物データベース

やはり漢方でしたね。

イリドイドとフラボノイドが入ってるということで、すーっとするのでしょうかね。

もうちょっとわかりやすいところとして出てきたのが、阿蘇薬草園さんのHP

学名Plantago asiatica L.
科名オオバコ科
別名カエルバ、カエルッパ、オバコ、オンバコ、相撲取り草(スモウトリグサ)

昔から使われてきた利用効果

  • 整腸
  • 便通
  • 下痢止め
  • 鎮咳・去痰
採取時期全草:5〜8月、種子:10月
利用部位全草・種子
利用方法
  • 飲用
    採取した全草・種子を水で洗い、陰干しにします。完全に乾燥したら、お好みで焙煎(フライパンなどで煎る)します。飲みやすくなり長く保存できます。乾燥または焙煎したものを、薬缶で煎じるか急須に淹れて、お茶として飲みます。緊急時など生のものを使用する場合は、水に対して多めに全草を入れ煎じるのがポイントです。整腸・消炎作用に優れているといわれ、腹痛・下痢止め、鎮咳・去痰、喘息の改善に使われてきました。よもぎなど相性のよい薬草と一緒に飲むことをおすすめします。
  • 食用
    天ぷら、菜飯、七草粥の「ほとけのざ」の代替として使われていた時期もあるそうです。
  • 塗用
    よもぎ・またたびの実(虫癭果と呼ばれるデコボコした形状)と一緒に焼酎で煎じます。煎じ液を身体の痛い・かゆい部分に塗ります。目に使う場合は、目を閉じて瞳に入らないように気をつけてください。
  • 洗用
    よもぎ・お茶の茎と一緒に煎じます。煎じ液で目を洗い清めます。目やに・目のかゆみ・ただれの改善に使われてきました。
相性のよい薬草
  • よもぎ
    風邪や喘息の咳・痰がひどいときは、おおばこ・よもぎの組み合わせが非常に効果的です。1Lの水に対して、生のものは2つかみ、乾燥または焙煎したものは1つかみの量を煎じます。実際に、アレルギー体質の私は頻繁に喘息の発作を起こしていましたが、とてもよく効きました。煎じたものをうがいをするようにガラガラとやりながら飲み込み、痰が出たら吐き出します。なるべく濃いめに煎じて、温かいものを使用した方が効果が高いようです。
  • よもぎ+げんのしょうこ
    腹痛や下痢のときは、おおばこ・よもぎ・げんのしょうこの乾燥したものを煎じて飲むと症状が止まるといわれています(熊本県菊池郡大津町)。実践したところよく効きました。

種子は利水(体の水分代謝を調える),清熱,鎮咳作用などがあり,浮腫や膀胱炎,痰の多い咳などに用いる.目の充血や痛みなどにもよい.漢方処方では牛車腎気丸,五淋散などに配合される.全草は民間薬的に鎮咳去痰,強壮薬,降圧薬として用いる.炙った葉は腫れ物に貼ると毒を吹き出す.

東アジア各地に分布し,原野や路傍に生育する多年生草本植物です。葉は卵形から広卵形で多数根生します。花は小さく,葉間から生じた花茎に穂状につけます。さく果は卵状長楕円形,種子は楕円形で小さく,黒褐色に熟します。

和名は大葉子の意味があり,広い大きな葉の形に由来します。また学名の Plantago も大きな葉に由来し,足跡や足の裏という意味があるのです。ちなみに,イギリスでは,オオバコの仲間をキリストの足跡と呼んでいるそうです。薬用には開花期の全草や種子を用います。生薬名はそれぞれシャゼンソウ(車前草)およびシャゼンシ(車前子)といい,ともに利尿薬や去たん薬とします。生薬名の車前の由来は,種子は水気を帯びると膨潤し,粘着性を帯び人間などに付着して広がり,馬車や牛車などが行き交う以前から路傍に生育していたことにあるようです。

花は雄しべと雌しべが同時に成熟しますが,中には雌雄どちらかが先に熟し,同じ花では受粉しない仕組みになっている種類もあります。これらの仕組みは,近親交雑を極力避け,遺伝的に多様な形質を受け継いだ子孫を残すための自然界の妙技といえるでしょう。

オオバコの花穂をルーペで観察しますと,雌しべが先に熟し,雄しべはその後を追うように熟しているのがわかります。このように雌しべが先に熟す花としては,モクレンやキンポウゲなどがあります。一方,草原を彩るキキョウやヤナギランなどは,反対に雄しべが先に熟します。また,オオバコの花は昆虫の助けを借りて受粉する虫媒花ではなく,キク科のヨモギや裸子植物のイチョウやスギなどと同じように風媒花としても知られています。このため花には,昆虫を誘惑するための花弁がありません。

採集と調整

花期に、花穂が出て葉が十分に成長した初夏から秋にかけ、全草を採取します。水洗いして土や泥をよく落とし、根元についている枯れた葉を取り除いて最初は天日で干し、やや乾燥してから日陰で十分に乾燥させます。これを生薬の車前草(しゃぜんそう)といいます。
また、秋に結実した花穂を切り取って、新聞紙などに広げて置いて天日で乾燥し、種子のみを集めます。水気があると種子の外表皮に含まれる粘液により粘性をおびるので注意が必要です。これを生薬の車前子(しゃぜんし)といいます。
葉だけを乾燥したものを、生薬の車前葉(しゃぜんよう)といいます。
車前草(しゃぜんそう)、車前葉(しゃぜんよう)、車前子(しゃぜんし)はすべて薬用として用います

 

薬効・用い方

有効成分は、全草にアウクビン、パランタギニン、ホモプランタギニンなど、種子に粘液質プランタザン、アウクビン(鎮咳)、コリンなどを含有

下痢止め、咳止め、止血、強壮には、車前草を刻んだもの、1日量10グラムに0.5リットルの水を加えて、煎じながら約半量まで煮つめたものをこして、3回に分けて食間に服用します。
咳止めには、車前草を刻んだもの10グラムに甘草(かんぞう)を3グラム加えて前記のように煎じ煮詰めます。1日に3回食間に服用します。
利尿には、車前子を1日量5~10グラムに0.3リットルの水を加え約半量になるまで煮詰め布でこして、3回に分けて食間に服用します

利尿の目的で、新鮮なオオバコ葉をしぼり、その汁液を用いる方法が津田玄仙(つだげんせん)の「療治経験筆記(りょうじけいけんひっき)」に載せられています。それは、むくみがあって小便の少ないときに、しぼり汁50ミリリットルに半量ほどの清酒を混ぜて空腹時に飲用します。
車前子(しゃぜんし)は1日量5~10グラムを布か和紙の袋にいれて水0.3リットルを加えて約半量になるまで煎じて、せき止めに服用します。粘液質が多く飲みにくいので、少量の甘草(かんぞう)を混ぜて煎じ出すと飲みやすくなります。

塗布:生の葉を火で炙って柔らかくしたものを患部に貼る。(腫れ物、排膿)

食べ方:若葉をつみ、塩茹でして柔らかくしてから、油いため、あえものなどにします。また、生のまま天ぷらにします

 

その他

名前の由来は、葉が広くて大きいところからオオバコ(大葉子)の名前が付けられました。人の通る道には種子が運ばれるのでいつも同伴します。

道端の雑草の中には常にオオバコを見かけることができます。その道を多くの人や車が歩くほど地面が踏み固められてしまい、いつしか他の雑草は絶えてオオバコだけが踏まれても踏まれても生き残り、ついにはオオバコだけになってしまいます

それで、漢方での名前の由来は車前(しゃぜん)または車前草(しゃぜんそう)といい、人や車の踏み通る道端の跡に好んで生える非常に生命力の強い薬草です

方言も多く、オンバコ、オバコ、ギャーロッパ、カエロッパ、ゲェーロッパ、マルコバなどがあります。
日本に見られるオオバコの仲間は、オオバコのほかにヨーロッパ産で葉がヘラ型のヘラオオバコ、大型で海浜に多いトウオオバコ、最近帰化植物として見うけられるツボミオオバコ、高山帯・北海道などの地方に見られるハクサンオオバコ、エゾオオバコなどがあり全て薬草として用います

オオバコの種皮(種を包む皮部分のこと)にダイエットをサポートする成分が配合されていると考えられている、なんていう記事まで出てきました。

よく考えたら、ハーバファスティングの時に、サイリウムってのがありました。それは、オオバコのことでしたね!

オオバコの種皮に含まれる成分は、主に食物繊維で、水分を含むと膨らむ性質を持っているため満腹感を得ることができる、ということでダイエットなどに利用されるんですね。あと、食物繊維豊富なのでお通じつるんっ!て感じの説明を受けた記憶が甦ってきました。

食用にもできるようですし、オオバコ、あなどるなかれ!ですね。

You may also like

コメントをどうぞ!

CAPTCHA